IPOSPAC.net

「FOMC後、金利急騰で全体が下落」#米国株 #市況 16th Jun 2021 |決算・IPO・SPACの解説

USマーケット速報「FOMC後、金利急騰で全体が下落、特に素材などが大きく下落」

6月16日の米国市場は、全体相場が下落しました。


原油価格は72ドル台を維持しています。

ビットコインは、3.8万ドル前後まで下落しました。

FOMC発表直後、米国10年債利回りが急騰し、ナスダック100指数、S&P500指数など全体的に下落しました。
引けにかけて戻す場面がありましたが、戻しきれず引けています。

FOMCは、FF金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置き。
2023年末までに2回の利上げを見込んでいることを公表し、テーパリングの開始時期の前倒しの可能性がでたことから、金利上昇のきっかけとなりました。


上昇セクターは、ありません。

下落セクターは、大きく下げたセクターから、公益、素材、資本財、テクノロジー、通信、不動産、ヘルスケアのセクターが下落しました。

前営業日15日の市況と比較しますと、
素材、不動産などが続落、公益、金融、資本財はリバーサルが起きた相場展開でした。

6/15の米国市況を振り返る


上昇銘柄、下落銘柄は、以下のようになりました。

株価

(翌日以降はその日の値動きを示すため、上記の一覧と比較することで株価が続伸しているのかかリバーサルが起きているのか見れます)


株価指数・商品・債券・為替

いつも最後まで読んでくださり、感謝しています。
ご一緒に銘柄分析をして、ノウハウを膨らませて共有していきましょう♪
これからも、よろしくお願いします。

もしよければ、「ポチっと」お願いします↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
米国株ランキング

Follow me!

コメントを残す

PAGE TOP